受験場所と試験開始時間など

高卒認定試験を受験する場合の試験会場ですが、全国の都道府県に1ヶ所定められている場所がありますので、そこで受験することになります。

 

 

そして、試験開始時間などは各都道府県ごとに異なりますので注意が必要です。

 

 

例えば、ある受験場所では試験開始が8時30分になっている場所もあれば、9時に試験が始まると言う都道府県もあります。

 

 

よくありがちな失敗事例というのが、高卒認定試験を受ける仲間などが他にいる場合で、受験会場が違う人同士がいる場合でしょう。

 

 

で、試験開始時間などをよく調べていなかったためによその受験仲間の試験開始時間が自分のものと同じだと勘違いして、試験自体が受けられなかった、というようなケースです。

 

 

もうこうなってしまうと対策を立てる云々以前のお話なので、こうならないようにしっかりと準備・確認を進めましょう。

 

 

それなので、

 

 

1 受験する予定の試験会場はどこにあるのか

2 自分が受験する科目は何時から試験が始まるのか

 

 

これらは入念にしっかりと事前に把握して、必ず自分自身が受験する都道府県の情報をしっかり入手しましょう。

 

 

文部科学省の公式ホームページなどで最新の受験場所・試験の開始時刻などは把握できますので、ここはぬかりなく準備して下さい。

 

 

なお、試験会場は基本的に毎年同じで都道府県ごとに1ヶ所だけなのですが、今後どうなるかは分かりません。

 

 

変更される可能性も十分にありえますので注意して下さい。

 

 

事前下見をする方が賢明

 

 

受験する場合には、とにかく一度試験が始まる前に1度受験会場に直接移動して下見をした方が絶対にプラスになるので、下見をしましょう。

 

 

インターネットなどで試験会場や交通機関、およその駅からの移動時間なども現在は簡単に把握できます。

 

 

しかし、実際には会場の外観や距離などが思いのほかネットだけではよく分からない場合もあります。

 

 

それ以外でも、

 

 

・思ったよりも駅から会場が遠く、予想以上に時間がかかりそう
・携帯やスマートフォンのコンパスが壊れていて方角が分からなくなった
・受験会場などの近くに、思いのほか買い物できる場所などが見当たらない

 

 

・・・こうしたトラブルなどで困ってしまうと言う事が完全にゼロであるとは言えません。

 

 

それなので、往復の交通費や移動時間などがかかってしまう事になる場合であっても、試験が始まる1〜2週間ほど前までには必ず受験会場の下見をすることをお勧めします。

 

 

事前に場所がどこに有るかを理解しているのと全く分からず当日会場を探してうろうろするのとでは、気持ちの面でも全く違ってくるからです。

 

 

合格したいのであれば、やはりこれも必要な資金と手間だと割り切って考えましょう。

 

 

実際にかれこれ8年以上前のことですが、私が試験を受けたときにも時間に間に合わずに受験できなかったという人が少なくなかったのです。

 

 

なぜ遅れたかは分かりませんが、とにかく大事な試験を受ける事すら出来なかった人もいたわけですので、こんなことにならないようにあなたは事前準備をしましょう。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ