ゆとり教育が問題になった理由とは

日本の子供の学力低下などが問題とされていた「ゆとり教育」と呼ばれる現象ですが、なぜ問題になっているかというと学力テストの国別の順位が下がったからです。

 

 

しかし、ゆとり教育が本当に問題なのかどうかなどは国の教育関係者らが判断できることではないと思います。

 

 

PISAの国際順位が発端になった

 

 

ゆとり教育が問題視され始めたきっかけというのがOECD(経済協力開発機構)が2003年に実施した「生徒の学習到達度調査」が発端です。

 

 

これはPISAと一般では呼ばれており、OECDが3年ごとに実施しているもので、義務教育終了の年代にあたる15歳の学生(高校1年生も含まれる場合も有り)を対象に、数学・読解力・科学リテラシーなどを測定するものです。

 

 

要するに科目に当てはめるならば「国語」「数学」「理科」の3科目ということになるわけですが、日本の2000年時でのPISAの結果と比較して2003年の調査結果が落ちていたことを問題だと一部の人間が騒いだわけです。

 

 

以下、その国際順位と変動です。

 

 

 

数学能力

読解力

科学リテラシー

2000年

1位

8位

2位

2003年

6位

14位

2位

2006年

10位

15位

6位

2009年

9位

8位

5位

2012年

7位

4位

4位

 

 

この結果を見る限りでは確かに2003年の調査結果では科学リテラシー以外は低下していることは事実です。

 

 

そして、このPISAの国際順位が低下した最大の原因が2002年からの国公・市立の小中学校・高校での「学校週5日制」による授業時間減少だと騒いだわけです。

 

 

それまでは1ヶ月の間で土曜日も3時間くらいの授業が割り当てられる日が定期的に存在したのですが、これにより土曜日が完全に休日になったのです。

 

 

そして、これとほぼ同時期の2002年に文部科学省の学習指導要領が見直され、それまでの学習内容というものが約3割ほど削除されました。

 

 

これがいわゆる「ゆとり教育」と呼ばれるものの実態だったので、この授業時間の減少が日本の学力低下につながったのだと政治家や教育関係者は騒いだわけです。

 

 

ゆとり教育の開始時期に注目

 

 

マスコミなどが騒ぎ始めたのが2003年から2004年付近ですが、冷静に考えてみてほしいのですがゆとり教育が始まったのは2002年です。

 

 

そして、2003年のPISAの学力テストの結果が悪かったからゆとり教育が悪いというお話になっていたわけですが、何かおかしくないでしょうか?

 

 

ゆとり教育が開始された2002年から、問題となった2003年のPISAの学力テストまで1年程度の時間しか経っていないのです。 

 

 

こんなことだけでゆとり教育が学力の低下の最大の原因だというのは無理があるでしょう。

 

 

そもそもとしてゆとり教育がなぜ誕生したのかと言えば、それまでの授業時間や授業内容が子供達の学力上昇につながっていないと判断されたからです。

 

 

つまりが、PISAなどの学力テストの成績を上げるためにゆとり教育を始めたようなものなのに、1年程度で再びゆとり教育を問題としているような有様だったわけです。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ