「学校に通う人が1番偉い」というのは幻想

親はとにかく学校に行けている子供が偉いという思考をまず完全に捨て去りましょう。

 

 

義務教育(政府の学校)を受けている人が一番偉いなどということは有り得ません。

 

 

選択肢の1つとして存在するだけ

 

 

「フリースクールにも行けない子供はどうすればいいのか」などという言い方をする人がいると聞きますが、そもそもとしてその言い方自体が変なのです。

 

 

政府の義務教育を受けている子供が一番上で、それ以外の選択をしている家庭を明らかに差別している言い方に聞こえるからです。

 

 

義務教育というのは憲法で定められている子供が教育を受ける権利の1つとして、政府の学校で教育を受けてもいいですよという1つの選択肢でしかありません。

 

 

義務教育を受けない子供はそれ以外の環境で普通教育を受けて成長してもいいということは憲法に明記されている国民の正当な権利なのです。 

 

 

そして、本来ならばこの選択肢というものに上下関係など存在するはずがありません。全ての国民の成長過程など、違っていいに決まっているのです。

 

 

しかし、現実はやはり学校に行っている子供が偉く学校に行かない(行けない)子供は駄目な子供という認識があります。

 

 

脱学校を選択するのであれば、とにかく親がまずこうした意識を取り除くべきです。

 

 

学校に行かずとも人は学べるし成長もできます。それにもかかわらず学校が絶対視されているのは旧来の嫌な事でも我慢して続けることが大切という価値観が日本は根強いからでしょう。

 

 

ですが、現在の政府の学校ではその嫌なことを仕方なく続けている人間ばかりなので、おかしな事態が各地で続出していることは言うまでもありません。

 

 

それ以前に学校自体が本来不自然でおかしな場所だというのが私の価値観です。

 

 

まず、義務教育からの脱出を目的とするのであれば家庭の親はこうした旧来の価値観を一新させ、子供の意志を第一に尊重する・信じるという心構えになってください。

 

 

 

義務教育>フリースクールなど

義務教育=フリースクールなど

 

 

 

こうした学校至上主義という価値観が日本では圧倒的多数でしょうが、多数決は絶対正義とは限りません。

 

 

学校に通う人が偉いという価値観ももちろん人それぞれで、存在していいとは思います。しかし、あなたがその価値観に付き合う必要はどこにもないのです。

 

 

子供が学校は異常でおかしい空間なのだと感じるのであれば、親はその価値観・感情を受け止めるということを覚えましょう。

 

 

義務教育(政府の学校)に今現在通っているのは大きくなった大人ではなく、当事者である子供たちなのですから。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ