家庭は本来最も安心出来る場所

子供が最も安心できる場所とは、ほぼ例外なく家庭なのです。

 

 

しかし現実には義務教育などで学校が子供に成績などで優劣を付けるので、学校の評価を価値があると信じ切った親が家庭を安心できない場所に変えているものです。

 

 

テストの点や通知表の成績など、無意味な価値基準で子供をランク付けするというのが義務教育の得意分野ですが、賢い親ならば馬鹿げたことだと気づきましょう。

 

 

家庭を天国にするか地獄にするかは親次第

 

 

私自身は違いましたが、私の過去の友人らの中にはテストの成績などが低いと親から説教されたり、遊ぶ時間を減らされたりするという人もいたものです。

 

 

要するに、「もっと成績を上げなさい」と親が子供を政府の学校の競争に追いやるわけです。

 

 

  • 子供が学習内容に価値を感じているか
  • 今子供に本当に必要な内容なのか
  • いい成績をとらせた先に何があるのか
  • そもそもいい成績に価値はあるのか

 

 

・・・こんなことも全く考えずにただ義務教育だから、学校が決めたことだからと家庭の中で子供を学校に合わせようとするのです。

 

 

しかし、こんなことを長年続けてその結果子供は本当に学ぶことの楽しさを知り、学びたいという意欲を持ち続けることができるでしょうか?

 

 

何よりも親子の関係・家庭という空間が本当に素晴らしいものになるでしょうか?

 

 

私にはとてもそうは思えません。

 

 

こうした競争を強制されて立派に育つ人も中にはいるでしょうが、おかしくなる割合の方が高いのではないでしょうか。

 

 

大学受験などで親からいい大学に入れと言われていた学生が、学校の試験勉強に疲れて暴力を振るったりすることもあれば、最悪の場合は殺人事件に発展することもあります。

 

 

言いかえるならば、こうした家庭の親子関係はもはや内戦状態になっていると言えるでしょう。

 

 

本来ならば親子の間にあるのは無条件の愛情というもののはずですが、それが学校の成績次第という条件付きの愛情に変わってしまっているのです。

 

 

これは突き詰めれば政府の学校がこうした内戦を引き起こしていると言いかえることができます。

 

 

そして、その愚かさに気づかない親がこうした内戦を悪化させているわけです。

 

 

何かを学ぶことは本来、自分が学びたいから楽しいからすることのはずで、親の愛情を成績で獲得したいからなどということ自体がおかしいと思わないでしょうか。

 

 

家庭が子供にとって天国になるか地獄になるかは親が決めるといっても過言ではありません。

 

 

あなたが親であるならば、ぜひとも家庭を安心できる場所にすることを考えてください。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ