点数競争に追われる環境

不登校の原因に競争を強制されるという背景が存在します。

 

 

ようするに、テストだなんだと言われて周囲の同級生などと比べられることです。

 

 

こうした環境に学校に通っている児童生徒らは望まなくても移らなければならないことは誰でも分かると思います。

 

 

そして、こうした点数競争が激化する中学生以降などは特に不登校が増える傾向にあると言われています。

 

 

高校受験などを控えていく中で、中間テストだ期末テストだ通知表だと騒ぐ大人や同級生が増えるからです。

 

 

いい点をとれる人が優等生でテストの点が悪ければ劣等生と呼ばれる風潮がある政府の学校で、そうした競争なんて望んでいない人は多いのです。

 

 

しかし、教師も教師で学校に来なくていいよなどとはまず言わないですし、言えないのでとりあえず学校に来なさいとしか言えません。

 

 

しかし、成績が良い学生らはまだしもテストの点や通知表の成績が悪い学生たちはもう学校に行きたいなどと思わなくなるものです。

 

 

高校受験でもロクにいい学校なんて入ることなどできないということが当人たちも分かりきってしまっているからです。

 

 

本来勉強とは楽しむためにあるはず

 

 

学校の競争レールに乗せられることを嫌う人がいても私は別におかしいとは思いません。

 

 

過去の私もそうでしたし、今思い返しても本当にバカバカしかったと思えます。

 

 

競争すればいい学校に進学できて、いい会社に入れば将来は安泰・お金持ちになれるという幻想を植え付けて学校は子供を競争させてきたのかもしれません。

 

 

ただ、教師だって人生のすべてを知っているわけがありません。

 

 

狭い世界しか知らない人間も本当に多いですし、何よりも学習することというのは本来は当人が楽しいからするべきことのはずです。

 

 

新しいことを発見し、今の自分に必要な技術の習得などに生かすために学ぶなど、目的を達成するために学ぼうという意欲が人には本来備わっているものです。

 

 

しかし、学校ではただ役に立たないようなことでもとりあえず受けろとしか言われないものです。

 

 

テストでいい点をとれ

いい学校に入れ

いい会社に入れるから

 

 

このように、競争をして勝ち上がれとしか言われないのが今の学校教育なのです。

 

 

しかし、何度も言うように今の時代では大企業・会社であってもいつ倒産するかなんて誰にも分かりません。

 

 

それに、いい会社に入れと言っている教師自体に会社勤めの経験が無いなどということも珍しくないものです。

 

 

社会経験などほとんど無い人が、結局はみんなと同じ人生を歩みなさいとしか言えない現実があるのです。

 

 

周囲の人間との競争のためにわけのわからない勉強をやらされて、点数競争で勝つこと以外の選択肢を教えられない学生が、疲れて休みたくなるのはおかしいことでしょうか?

 

 

自分の人生の目的や目標・本当の願望などを見つける時間などを今の政府の学校が子供や家庭から奪い取っているように思えるのは私だけではないはずです。

 

 

  • 何のために自分は学校に行かなければいけないのか?
  • 本当に学校の勉強が役に立っているのか?
  • 学校にいて将来の目的目標が見つかるのか?
  • 学校に費やす時間は意味があるのか?

 

 

こうした疑問を抱く児童生徒らが不登校という選択をするとしても、私はべつにおかしいことだとは少しも思いません。

 

 

競争したところで有益な結果など得られないと思う人もいて当然ですし、人生の時間をそんなことに費やしたくない人も存在するのです。

 

 

教育の主人公とは本来あくまでも当事者であって教師たちではありません。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ