ただの試験勉強に疲れてエネルギー切れ

不登校の原因の中に、学校の勉強に疲れてやる気を失ってしまうことも要因の1つです。

 

 

これは受験競争などが激しい進学校・学力上位の有名校などでは特に顕著であると言えるでしょう。

 

 

「何のために」が欠落しているからではないか

 

 

私自身はそもそも受験競争や学校のお勉強などまともに取り組んでいた記憶がないので分かりませんが、友人・知人らを思い浮かべるとよく理解できました。

 

 

結局のところ、テストでいい点をとっていればいい暮らしができるという刷り込みをされ続けてきた人もいれば、親が勉強していい学校に入れとばかり言うケースもあるのです。

 

 

で、いわゆるいい子はずっとそうした大人の声に従い小学校のときから学校の勉強を頑張り続けるのですが、それがどこかで苦しくなる時が来るわけです。

 

 

特に中学・高校のあたりからそうした傾向は強くなり、エネルギー切れを起こしてしまうことは珍しくありません。

 

 

それはなぜかと言えば、「何のために勉強しているのか?」ということが明確になっていないまま点数競争をさせられていたからではないでしょうか? 

 

 

ようするに、ゴールが明確になっていないままにただひたすら目的もなく学校の勉強を頑張れと言われてそれに従ってきた子供が、おかしくなってくるのです。

 

 

親の期待にこたえることや、いい点をとって教師などから褒められることなどがゴールだという人もいるかもしれませんが、それはおかしなことです。

 

 

なぜかはもうお分かりでしょうが、「自分自身の目標のために勉強しているわけではないから」です。

 

 

他人の期待に応えるためにいい点をとって、自分自身の夢や目標などがまるで見えていない状態なのです。

 

 

たしかにそれでもいいという人もいるかもしれませんが、本来学ぶことの目的は自分の人生の豊かさのためのはずです。

 

 

そして、自分自身が生きるための目的や目標を持つことができた方が人生は豊かになるのではないでしょうか。

 

 

しかし、学校の勉強だけしていてそうした本当の自分の願望や目標などが見える人は少ないと思います。

 

 

やりたくもないテストの点を良くするためだけに勉強し続けて幸せだと思う人はまずいないはずです。

 

 

嫌々ながら競争を続けて、そこに疲れてしまいエネルギーが無くなって学校に行きたくなくなってしまう人が出るのは当人の問題で片づけてはいけないのではないでしょうか。

 

 

学校に追いやり、ただ受験勉強などに子供を駆り立てて追い詰めることしかできない政府の学校の風潮こそが不登校の大きな要因を作っているとしか思えません。

 

 

人生の目的や本当の目標を見つけ出す機会を奪っている大人たちこそ、自己を内省する必要があるのではと思います。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ