子供の不安を理解すること

不登校になったとき、当事者は何も考えていないように見えますがそれは違います。

 

 

進路などで不安になっていることが圧倒的に多いのです。だからこそ、親は子供の不安をしっかりと理解するべきです。

 

 

未来が見えない不安を抱えている不登校児

 

 

不登校に陥ると、まず当事者らはとにかく不安になります。

 

 

通常では小学校を卒業して中学校に入学し、卒業後に就職か進学を選ぶというルートが固定化されているのが日本社会で、そのレールから脱線している状態だからです。

 

 

もっとも、現在は高校進学率が100%近い数値なので殆どの人は高校に入学するわけですが、不登校の当事者たちは学校に行っていないから自分の未来はあるのかと思うものです。

 

 

中学卒業では大した就職先なんて見つからないし、かといって入れる高校や行きたい学校なんてどこにもないから、どうすればいいかわからないのです。

 

 

世間一般の人間はだからこそ

 

 

「とりあえず高校だけは出ておこうね」

 

 

・・・というのですが、それはよしましょう。大人の単なる自己満足です。

 

 

高校を出てもロクな就職先など見つからないことも現在はザラですし、それこそ大学を出ている人でも職が無いという人も大勢いるご時世です。

 

 

とにかくこうした背景から不登校当人たちは引け目を感じて不安になるのですが、不安とは分かっていないから起きる感情です。

 

 

現在では中学校を卒業しなくとも多くの進路選択は可能です。

 

 

言い方は悪いかもしれませんが、お金さえ出せば入れる高校などいまは沢山ありますし、通信制などのほとんど通学せずに単位認定される高校も充実しています。

 

 

また、不登校の子供は学校に行っていない分将来のことについて考えたりする時間が十分確保できるというとても大きな利点があるわけです。

 

 

中学校しか出ていない人でも世間の平均給料以上を稼ぐ方法などを色々な人に出会って聞いたり、書籍やインターネットなどを活用すれば恐らく見つかるでしょう。

 

 

学歴が必要ならば、それから進学してもいいのです。

 

 

また、自分の本当にやりたいことや将来の夢なども、不登校だからこそ発見できると考えてもいいはずです。

 

 

学校に拘束されないからこそ、自己探求の時間が十分確保できますし、余計なプレッシャーや競争などとは無縁の生活が送れるのです。

 

 

そうした環境で子供が本当の自分の進路を見つけ出せるというのは、詭弁でも何でもありません。

 

 

学校のどうでもいい授業などに時間を奪われずにすむからこそ、本当の自分自身の願望や目標を発見できるのです。

 

 

とりあえずみんなと同じように学校に通い、なんとなく進学し、なんとなく就職するというルートは大人は安心かもしれませんが、子供の満足度は低すぎると思いませんか?

 

 

実際私がそうでしたが、とりあえず高校進学しても良いことは殆どありませんでした。

 

 

やりたいことも見つからず、3年間とりあえず登校し続けるという日常に心底嫌気がさすだけで、自分が嫌になっていたものです。

 

 

もっとも、中には学校に行っていたから夢ができたという人もいるかもしれませんが、それはそれでいいと思います。

 

 

ただしかし、不登校の子供がなぜ不登校になってしまったのかと言えば、それは学校にいても重要だと思えるものに出会えなかったことが不満だからではないでしょうか?

 

 

それならば、早期に不登校を経験している子供はむしろ本当に大切なものや価値などに目を向けているとは言えないでしょうか?

 

 

嫌な事でも耐えてとりあえず通学するという価値観に違和感を感じているならば、それはむしろ健全です。

 

 

「進学できるのか」
「就職して生きていけるか不安だ」

 

 

・・・こうした不安を解決するためにも、むしろ学校に行かない時間も必要な事だと私は考えます。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ