落ち着いてから進路について話し合うこと

不登校になったとき、親は子供が落ち着いてから進路などについて話し合うようにして下さい。

 

 

当事者も何も考えていないよう見えて、非常に不安を感じたりしていることはとても多いのです。

 

 

学校に行っていないという引け目を感じていたり、集団から孤立していることなどによる不安を感じているのが普通です。

 

 

だからこそ、まず親は子供をしっかりと安心させてあげるべきです。

 

 

間違っても不登校であることに劣等感を抱かせるような事を言わないようにして下さい。

 

 

そして、しばらくの間は学校の事は考えなくていいということをちゃんと伝えましょう。

 

 

学校に行かないことで罪悪感を感じることも、不安を感じる意味も無いのだと言う真実を親が伝えるのです。  

 

 

そして、子供がそうした中で精神的な安定や充足感などを取り戻してから徐々に進路などについて話せばいいのです。

 

 

何が何でも学校に連れ戻そうとすれば子供は絶対に反発するだけなのは目に見えていますし、そうでなくとも進路について考える余裕など生まれません。

 

 

親としては確かに子供が学校に行かずに家でゴロゴロしていれば不安かもしれませんが、学校に行っていれば万事が上手く行く保証などないのです。

 

 

不登校になってしまったとしても、それはあなたの子供が周囲の人間よりも劣っているとか怠けているなどということはありません。

 

 

学校という空間に価値を感じられず、学校以外の居場所を求めているのだということを親がしっかり認識することが何よりも重要なことなのです。

 

 

「学校にも行かないで、進路はどうするの?」
「就職も進学もしないつもりか!?」
「そんなことではこの先生きていけないよ」

 

 

・・・よく不登校の家庭ではこのような声が聞こえるものですが、間違ってもこのようなことを言ってはいけません。

 

 

何度も言うようですが、一番不登校で辛く苦しい思いをしているのは当人なのです。

 

 

病気が出てしまったり、学校に行こうとするたびにとても苦しい思いをするのです。

 

 

それでも学校以外に道は無いとしか言えない大人ばかりだからこそ、その中で自分自身を学校に合わせようとして限界が来てしまっているわけです。

 

 

だからこそ不登校になってしまっているという真実に、親は気付くべきです。

 

 

そして、進路選択にせよ真剣に考えれば学校など行かなくても道はいくらでもあるということにいい加減気付きましょう。

 

 

集団に属して何かをさせていれば親は安心ですし、恥をかきません。

 

 

ですが、それだけです。当事者の幸福や人生の満足度などが置き去りにされれば誰しも学校に反感を覚えるのは自然です。

 

 

多様な選択肢があるということを、不登校の親こそが理解して道を示す事が本当の意味での不登校の解決につながるはずです。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ