通信制高校の費用など

通信制高校の費用ですが、これは公立と私立によって大きく異なってきます。

 

 

ほぼ例外なく、公立の通信制高校の方が費用が安く、反対に私立の通信制高校の方が高額な学費が必要になります。

 

 

ただし、私立の通信制高校だけの利点なども存在しますので、値段が安いからなるべく公立にするべきだということではありません。

 

 

また、通信制高校は公立・私立問わずに全日制高校と比べても圧倒的に3年間の必要資金が少なくなるということはまず覚えておきましょう。 

 

 

まずは双方の違いなどをしっかりと把握し、その上で個々人が通いたいと思う学校を選びましょう。

 

 

 

 

入学金は公立と私立では1万円以上違ってくる場合がとても多く、大きな差があると考えて下さい。

 

 

入学の際に公立では500円程度で入学できる通信制高校も中には存在しますので、この点は一般的な全日制高校と比較してもかなり破格だと考えていいでしょう。

 

 

また、授業料についてはかなり大きな金額の幅が見られます。

 

 

公立であれば1年間で単位認定に必要とされる授業料が1万円〜3万円前後と格安なのに対し、私立の通信制高校では10万円以上が1年間に必要な事例が圧倒的です。

 

 

学校によっては1年間の授業料が20万円や30万円という私立の通信制高校も存在するので、これはやはり経済的にゆとりのある家庭でなければ厳しいと言えるでしょう。

 

 

その他の経費については、制服の購入代金や学校の運営費などが学校によってはそれなりに必要になる場合があります。

 

 

この点は公立と私立でもあまり差がある部分ではないので、それほど神経質になる必要は無いと思います。

 

 

家庭の経済事情と目的に応じた選択を

 

 

まず、こうした背景がありますので、入学前に希望する通信制高校の資料請求などで入念に卒業認定までにどれくらいのお金が必要なのかを全て確認しましょう。

 

 

そして、私は何も公立の方が安くて私立は高いから、なるべく安い通信制高校にしようとお伝えしているわけではありません。

 

 

学費などが高くとも、個別サポートの存在や通学頻度の自由裁量の幅がとても大きいことなど、私立ならではの恩恵も数多く存在するからです。

 

 

それなので、ここでも大切なのは入学する当人の目的意識です。

 

 

何のために通信制高校に入学して、何を目的として卒業するのかということなのです。

 

 

例えば、将来の夢が決まっていてる人などで仕事などを持ちながら通信制を卒業したいという人であれば、通学の頻度などを極力少なくしたいと思うでしょう。

 

 

そうした方で、お金などはある程度まとまって用意できるよという場合であれば、私立なども十分選択の余地はあるといえます。

 

 

反対に、まだ将来の目的などがそれほど明確になっていないが、高校卒業の資格だけはなんとしてでも取得しておきたいという場合であればどうでしょうか?

 

 

その場合には近場の公立通信制高校などを探して、なるべく学費などを低く抑えておくというのも一法です。

 

 

勿論、最大の壁はやはりお金です。

 

 

お金のある家とお金が無い家では、そもそもとして選択の幅もまるで違ってしまう事は事実です。

 

 

その上で、現在自分が何を目指していて、どんなことのために入学するのかを明確にしましょう。

 

 

そこからかけられるお金を決めて、最良であると思える通信制高校を選ぶというのが一番後悔の起こらない選び方です。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ