通信制高校における公立・私立の違い

通信制高校にも全日制と同じく公立と私立が存在します。

 

 

決定的に違うのは必要資金ですが、それ以外にも数多くの違いがありますので、目的に応じてよく考えて入学を検討しましょう。

 

 

値段だけならば公立だが

 

 

通信制高校の公立では、とにかく必要資金が少ないケースがとても多いのです。

 

 

入学金
授業料(単位取得の為のもの)
運営費などのその他経費

 

 

これら全てを3年間で考えても十数万円〜20万円前後で卒業資格が取得できてしまうという公立通信制高校は数多く存在します。

 

 

逆に私立の通信制高校では、これらの費用が一気に高額になることが殆どです。

 

 

入学金だけで3万円前後のお金が必要な学校や、1年間の授業料が場合によっては20万円以上という私立通信制高校はとても多く、単位認定に3年間費やすとすると、100万円以上となることもあります。

 

 

しかしその反面、私立には公立に存在していない多くの利点が存在することも少なくありません。

 

 

1 登校日数の柔軟性
 公立では1週間のうち何回学校に通学しなければならないという決まりがあることが多く、こうした日数もそれなりに多いのが一般的です。しかし、私立では登校しなければならない日数が劇的に減らせる学校も沢山あります。
 
 
インターネットなどのWEB講義を中心にしている通信制高校などは特に通学回数が少ないというのが一般的です。
 
 
また、登校するにしても最初の1年間は1週間のうち1度だけで、2年目以降は3回・4回と増やしていくなどの融通が利く場合が多いのです。
 
 
 
2 課題提出の自由度の高さ
公立通信制では単位認定に必要なレポートなどをインターネット上で提出できるということを認めていない学校もそれなりに存在します。
 
 
 

一方で私立通信制であれば、パソコンやスマートフォンなどを使った電子文書・インターネット上からでも課題提出を認めている学校が多く、課題提出の手間などを大幅に減らせる可能性が高まります。
 
 
 
3 サポート体制の有無
私立通信制などでは、公立では行っていない個別のサポートなどを請け負っている学校も存在します。そもそもとして通信制は卒業できるかどうかは自己責任というのが原則で、分からない部分があっても問題解決するのも当人次第です。
 
 
ただしかし、私立のこうしたサポートは学習の疑問点を解決する上で大きな意味を持つという人も少なくありません。
 
 
4 私服通学が可能かどうか
公立では制服通学が基本とされているので、こうした購入代金などがかかってくるのが一般的です。しかし、私立通信制高校では私服通学を許可しているケースが多いです。
 
 
制服の購入代金が削減され、面倒な制服に着替えるというある種の作業から開放されるのは、人によってはとても嬉しい事かもしれません。

 

 

このように、私立は値段が高いながらも多くの恩恵があるという側面があります。

 

 

もっとも、一概に全ての学校に当てはまるということではありませんので、入学前にしっかりと資料請求するなどして確認しておく事が大切です。

 

 

また、私立通信制高校が高額であるということですが、それでも全日制の公立高校とは基本的にほぼ同等の金額になるケースが多いことも付け加えておきます。

 

 

私立全日制高校と比較すればそれこそ半額以下の値段で3年間を過ごせる可能性は極めて高いのも、やはり通信制ならではではないでしょうか。

 

 

公立にするか私立にするかは、個々人が何を求めているのかによって決めましょう。

 

 

家庭の経済事情によっては公立しか選べないかもしれませんが、私立通信制を選ぶ方が自己実現につながる可能性が高まるというのであれば、私立に拘ってもいいと私は考えます。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ