教師の質などもいじめと関係するのではないか その7

教師の質もいじめが起きる原因として十分考えられることです。

 

 

子供の安全というものを第一に考えて、いじめの早期発見や真剣に解決しようとする教師であるかどうかは重要な問題なのです。

 

 

無関心な教師ではいじめも起き易いのは当然

 

 

まず、いじめは反社会行為であり非道徳な行いである事は言うまでもありません。

 

 

では、そうした行いに対して厳格に対処しようとする風潮の組織と、見知らぬ顔で子供のことなど知りませんという組織ではどちらがいじめが起き易いでしょうか?

 

 

・・・そうです。

 

 

言うまでもありませんが、後者の方が絶対的に陰湿・悪質ないじめが起きる可能性は飛躍的に高まるものなのです。

 

 

そして、こうした子供の事を真剣に考えられない学校現場など本来は存在して良いはずがありません。

 

 

しかし、いじめを単なる子供の遊びとしてほったらかしにするような教師や学校組織も、残念ながら数多く存在するのが現在の日本です。

 

 

それは過去のいじめ自殺事件などを振り返って考えれば、よく分かることです。

 

 

心身に対してあまりにも悪影響のある、人権侵害行為そのものを受けている被害者がいると知りながら、まともに解決しようとしなかった教師は沢山いたものです。

 

 

それどころか自殺事件に発展したことでその存在そのものを隠蔽・否定しようとするような学校現場の体質も、少なくとも私自身は何も変わっていないと感じます。

 

 

学校の教師というのはそもそもとして、いじめなどがあれば事実関係などを調査した上で改善・解決を行い児童生徒の安全を守る義務があるはずです。

 

 

しかしながら、実際には単なる自己保身だけを優先して子供の安全など全く無視しているような人間も山ほどいるのですから、これではいじめが起きてしまうのも無理はありません。

 

 

厳密には、いじめが起きても即座に解決するシステムを持っている学校と、何も用意せずいじめを解決しようとする意思も無い人間が集まる学校では、天と地の差があるのです。

 

 

そして、いじめというものを起こさないようにはどうすればいいかという事に対しても、真剣に考えて対策を行う学校もあれば、何も対策していない学校もあります。

 

 

教育する側(私はこの呼び方は嫌いですが)の人間が、結局は子供の利益や安全をどれだけしっかり考えられるかどうかということが、いじめが起き易いがどうかの分かれ目になっているのは間違いないのです。

 

 

いじめに加担する教師もいるのでは無理

 

 

また、これは論外と呼べるケースなのですが、教師自身がクラスのいじめなどの原因を作り出したり直接いじめに加担する事例もあるのです。

 

 

・特定の子供にあだ名などおかしな呼び方を付ける
・明らかに他の人間よりも酷い扱いをし始める
・すぐに叩く・殴る・蹴るなどの体罰を行う
・些細なことで怒鳴ったり大声をだす
・無意味なことで児童生徒を見せしめにするなど

 

 

こうした不当な扱いをする学校教師も実は少なくありません。

 

 

実際に私が小学校だったときの学校教師には、こうした問題行動をする教師も沢山いたものです。

 

 

また、私の知っているある人は完全に学校の教師が原因でいじめの標的にされたという経験を持っておられました。

 

 

その方は学校で教師から変なあだ名を付けられ、それを同じクラスの人間たちが笑いながら連呼するようになったというのです。

 

 

これが真実ならばもう私としてはその教師は教師を即刻解雇されるべきなのですが、こんな笑えない事件があるのでは、いじめがそもそも無くなるわけがありません。

 

 

大人の成熟度によりけりでいじめが起きるかどうかというのはとても左右されるという事を、どうか理解して欲しいと思います。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ