いじめ解決で学校をアテにし過ぎないこと

いじめ問題を解決する際に、学校任せにしないことはとても重要な考え方です。

 

 

自分自身の身を守るためにも、とにかく学校ありきという考え方は捨てて下さい。

 

 

教師も結局自分が一番大切

 

 

過去の学校でのいじめ自殺事件などが何よりもその証明になっていますが、とにかく学校はいじめ問題を真剣に解決してくれるとは限りません。

 

 

そして、最悪の場合いじめ自殺そのものを何事もなかったかのように隠蔽して世間体を守ろうとするような学校も沢山あります。  

 

 

私も他者の悪口陰口は嫌いですが、これは紛れも無い真実なので書き記します。

 

 

学校の中で不都合な事がおきてしまうと、人命よりも学校の評価評判を優先する馬鹿みたいな学校は少なくありません。

 

 

大津の中学生自殺事件は正にその典型的な例で、学校という組織の闇を見ることができますでしょう。

 

 

そして、自殺にまで至らないいじめ事件であっても、まともに解決しようとしない学校も有ることを付け加えておきます。

 

 

ここで大切な事は、学校を決して過大評価しないことです。

 

 

教師だって人間であり、結局は自分自身の生活・地位が大切なことは変わりません。

 

 

現在での学校現場には人事考課制度が採用されているのが基本的で、教育再生会議などでもいじめを放置する教師などは低評価の対象になるという流れでした。

 

 

要するに教師自身が他の同僚の教師たちと競争しなければならなくなったということです。

 

 

そして、いじめが起きて解決できるような教師というのは昇進や給料の面でも高評価を得られるというシステムが出来上がってきました。

 

 

それならば

 

 

「じゃあ学校でしっかりイジメを解決してくれるんでしょ?」
「教師だって給料上がるなら頑張るんじゃないか」

 

 

と考える人もいるかもしれません。

 

 

しかし、この考え方はとても危険です。

 

 

なぜならばいじめが起きると指導能力を疑われて、逆に昇進などの面で不利になるならば、隠蔽してしまえばいいと考えるのが大半だからです。

 

 

過去にそうした事例は幾度と無く存在しましたし、それはこれからも起き続けるでしょう。

 

 

いくらいじめはいけないことだから何とかしようとしたところで、所詮人間は自分が一番大切で可愛い生き物です。

 

 

ましてや自分の生活や利害が絡んでいる立場の学校関係者であれば、なおさら解決しようとしないと考えるのが有る意味自然です。

 

 

教師も教育委員会も、果ては文部科学省などの関係者も、結局は1人1人の心身の安全や命などどうでもいいと考えている人間は存在するという事を覚えておいて下さい。

 

 

必ず自己防衛策を

 

 

だからこそ、学校に必要以上に期待せずに、いざというときは学校すらも敵に回して自分の安全を守るという意識を持ちましょう。

 

 

あなたに危害を加える人間たちから最も確実に身を守れるのは、恐らくあなた自身です。  

 

 

力で勝つ必要はありません。

 

 

悪質であれば弁護士や警察を介入させて、社会的に抹殺するなどの方法は幾らでもあります。

 

 

学校が頼りにならないという思いを片隅において、とにかく加害者から離れるという心構えを持って下さい。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ