教員免許を更新しても何も変わらない

教員免許が従来の生涯有効型(1度取れば更新不要)から、2009年には10年ごとの更新制に変更されましたが、こんなことをしたところで意味は無いでしょう。

 

 

教師の質を高めるためとか、最新の知識を身に着けさせるためだとかいう名目らしいですが、正直私としては効果など無いと考えます。

 

 

教員免許が変更になった理由とは

 

 

教員免許とは文字通り教職に就く為に必要な証明書のことで、いくつかの種類がありますがここでは紛らわしいので教員免許とだけ呼びます。

 

 

ようするに、今までは短大・大学・大学院などを卒業して教員免許を取得し採用試験に合格さえしてしまえば基本的には生涯にわたって教師を続けることができたわけです。

 

 

教師の身分と言うのは公務員なので、民間企業のように倒産して社員が失職するという可能性はそれこそかなり低くなるというのが普通でした。

 

 

ようするに、終身雇用という考え方がそれまでは教師の間で定着していたというわけです。

 

 

教員免許が更新不要で一度教師になった人間は、余程の不祥事や問題などを起こさない限り解雇されるというようなこともなかったというのが今までの流れでした。

 

 

しかし、世間で教師の不祥事などが問題になり、適正に欠ける人間や著しく人格的に問題のあるような教師をのさばらせるべきではないという子供の親たちが増えてきたわけです。

 

 

それに加えて、次代の変化に伴う知識や技術というものがどんどん増えていく中で、現場の教師たちがそれについていけなくなるのは問題だという流れもあり、更新という形に変化しました。 

 

 

本当に良質な教師が育つかどうか

 

 

ただし、私が思うに恐らく教員免許が更新という形になったところで教師の不祥事も減らないと思いますし、別に教師の質も高くはならないというのが私の持論です。

 

 

文部科学省のホームページの内容によれば、更新の条件というのが更新の為に必要な特別講習を大学期間で30時間受けることが条件とありますが・・・。

 

 

このせいぜい30時間程度の講習で、本当に現場の教師たちが教職に携わる上で最新の知識や技術などをしっかり学ぶ事ができるかどうかは別問題だと思うのです。

 

 

また、教師の質についてもどんな影響を与えることになるのかなども不明瞭な感が否めません。

 

 

むしろこんな更新制度をとるくらいならば、以前と同じく生涯有効でいいのではないかとさえ思えます。

 

 

もっとも、私自身は教員免許という制度自体が最終的に崩壊し、本当に人々に役立つ知識などを与えたいという気持ちのある人なら誰でも教師になれるという世界の方がいいと考えています。

 

 

現に、江戸時代などの寺子屋などでは教員免許などなくても誰もが教師になれた時代だったのですから。

教員免許を変更しても何も変わらない 関連ページ

自分で考えられないロボット人間
学校は人生泥棒
不健康な学校給食
お金のかかる義務教育
高校無償化が実現できない日本
底辺校に取り残される若者たち
子供の貧困率の高い日本
収入と学力・学歴の格差
全国学力テストは税金の無駄
全体教育は無意味
「成績を上げろ」としか言えない教師
教師も競争しなければならない
増える教師の精神疾患
止まらない教師の不祥事
蔓延する校内暴力
いじめが当たり前という学校
学級崩壊が起こるのは授業に価値が無いから
レジャーランド・遊び場現象
おかしな「良い子」が作られる
学校以外の世界を知らない悲劇
学校は刑務所と似ている
無意味な不安を煽る学校
選別・品定めという愚行
親子の関係が壊される
学校はピラミッド型の権力構造を生む
授業で子供が死ぬ
教師は教育の専門家ではない
相対評価も絶対評価もどうでもいい
家庭内暴力も学校が原因ではないか
本当の学力など分かるはずがない
役に立たない教育委員会
文部科学省は全ての元凶
「均等で同じ人間を作る」という思い上がり
学校に連れ戻すことしかできない教師たち
道徳教育は政府の自己満足
お金に関する教育がゼロという異常
劣等感を植え付ける教育はおかしい
「子供の幸福」は除外されている
天才の育成に不向きな学校教育

トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ