フリースクールと進路

フリースクールを選んだとしても、進路選択は普通の学校に通う人と同じように可能です。

 

 

フリースクールだから政府の学校に劣っているなどということは絶対に有り得ません。

 

 

就職も普通に可能

 

 

フリースクールへの理解が無いような関係者たちのおかげで、スクールを出ても進学ができないだとか働き口など見つからないなどという噂がよくあるものです。

 

 

しかし、それはまったくの誤解であり、根拠の無い部外者の意見に過ぎないと考えて下さい。

 

 

フリースクールにずっと通い続けて、義務教育などと関わらなかったとしても、それで人生が終わるなどという事はありません。

 

 

高校や大学などへの進学も何ら問題なく出来ますし、就職することも当人の意志や周囲のサポートでいくらでも可能なのです。

 

 

私の知人の方の中には、フリースクールで培った趣味・興味のある分野をもとに、それらを生かすことが出来る業界へ就職したという事例も存在します。

 

 

ちなみにその方はフリースクールに小学校低学年から通い続けて、義務教育は全く受けていなかったそうです。

 

 

そのほかにも全日制や定時制・通信制高校などに進学し、大学や専門学校に入学して本当に自分のやりたいことを実現させるステップを踏んでいるという方は数多く存在しています。

 

 

フリースクールだから小中学校よりも劣っていて、落伍者の集まりだなどというのは単なる差別・偏見でしかありません。

 

 

フリースクールであっても立派な進路を掴み取っている方は多々いらっしゃいますし、フリースクールだからこそ出来ることも数多く存在するのです。

 

 

就職するにせよ、フリースクールなどであれば普通の学校などよりも時間が遥かに自由に活用できるので、それを生かして職場見学や就職までの道のりを納得のいくまで調べる事が可能です。

 

 

そして個々人が望む進路をどうすれば達成できるのかを当事者や周囲の大人たちが考えて意思決定するというのは、むしろフリースクールの方が盛んだと言えるでしょう。

 

 

学校に行っているから丸で、学校に行っていないから×(ばつ)などという思考しか出来ない人には奇異に見えてしまうのでしょうが、フリースクールは立派な選択の1つです。

 

 

子供が教育の主役であるという本来の権利のもと、どんな事を学びどんな道に進むかなどを自己決定するということを、とにかく肯定できる道がフリースクールです。

 

 

学校に行かなくとも進学もできて、就職も別に可能だというのであれば政府の学校に拘る必要などありません。

 

 

フリースクールだからロクな進路が無いなどという馬鹿な偏見を捨て去り、しっかりと脱学校という思考が出来る人が増える事を私としては願っています。


トップページ プロフィール お勧めの書籍 広告掲載など お問い合わせ